個人での駆除を阻む鳥獣保護法の問題~駆除業者が請け負ってくれる~

コウモリ駆除は冬眠中でも難しい~駆除に最適な時期とは~

コウモリの冬眠について知る

都市に住むコウモリは、冬眠に向けて人家に住み着いてしまうことがあります。家の周囲でよくコウモリを見かける場合や、屋根裏で耳慣れない生き物の声を聞いた場合、コウモリが住み着いている可能性があります。コウモリ駆除・鳩駆除を行なう業者に依頼して、冬眠前のコウモリを追い出してもらいましょう。

コウモリの冬眠


コウモリが冬眠する理由は何ですか?
一番の理由は、冬になるとエサが獲れなくなるためですね。日本に住むコウモリは主に虫を捕らえて食べますが、冬になるとほとんどの虫は冬眠するか死んでしまうため、冬の時期コウモリはエサを食べることができないのです。クマなどの生き物は、秋にたくさんのエサを食べて栄養を蓄積しますが、コウモリは食べる量を増やすのではなく、体温を下げ代謝を低くすることで、エネルギーを蓄える方法を取ります。クマのようにある日を境に冬眠に入るのではなく、気温が下がり始める秋ごろから徐々に睡眠時間を伸ばして、緩やかに冬眠へと移行します。
冬眠するとしたらどこですか?
コウモリが冬眠場所として選ぶところは、普段から住処とする場所です。自然環境でのコウモリは、洞窟や木の洞の中を住処とします。都会に住むコウモリですと、人家の屋根裏や壁の隙間、雨戸、換気扇を住処とする傾向があるのです。コウモリが潜んでいるかを調べるとしたら、人の目が届かない、建物の隙間などを重点的に探すとよいでしょう。
冬眠している間は近づいても大丈夫ですか?
コウモリは他の生き物とは違い、冬眠をしている間も周期的に目を覚ますことがあります。冬場でも気温が高い状態であれば、巣から外へ出ることもあるのです。そのため、冬眠中の時期だからといって捕獲をしようとすると、起きたコウモリから反撃をされることもあるため、冬なら安全に駆除ができるとは限りません。安全に駆除を行なうなら、コウモリ駆除の業者に依頼するのが一番なのです。

冬眠中のコウモリ駆除は効果がない?

コウモリのシルエット

冬眠の時期に入っているコウモリは、巣から出ることはほとんどありません。強引に追い払ったとしても、またすぐ同じ場所に戻ってきてしまうので、冬の間に駆除をするのは容易ではないのです。また、7月から8月の間コウモリは多くの子供を生むため、この時期に追い払おうとしても、飛べない子供がいるため出ていこうとはしません。こうしたことから、コウモリの駆除を行なうなら、4月から6月、または9月から10月ごろが最適といえます。

TOPボタン